アトピー性皮膚炎の改善

アトピー性皮膚炎の改善

 

皮膚炎と亜鉛不足との関係性とは?

肌の代謝に必要な亜鉛


皮膚炎は皮膚の表面にできる炎症のことです。例えばアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などです。
一時的にできる症状もあれば、慢性的に続く症状も見られています。特にアトピー性皮膚炎は長期間湿疹ができるため問題となります。

 

 

亜鉛は皮膚の新陳代謝に必要となる成分で、免疫力に関与し傷の修復にも影響を及ぼしています。
皮膚に炎症ができれば素早く治そうとする働きが起こるのに対し、亜鉛が不足すれば新しい細胞を作る働きが低下したり、傷を治す力が弱くなかなか治りにくいと感じられます。

 

傷ができても治りにくい、傷跡が残りやすいと感じる方は亜鉛不足も疑ってみましょう。
近年ではアトピー性皮膚炎の治療に亜鉛を利用する方法が注目されています。亜鉛はコラーゲンの生成にも必要となるミネラルため、しっかりと補給できていれば傷が治りやすくなります。

 

なかなかの治りにくい皮膚炎は新しい細胞に生まれかわらなければなりません。その作用を持つのが亜鉛で、皮膚の代謝を良くし皮膚炎の治癒力をアップしてくれます。

 

また、亜鉛は免疫力を高めてくれるため、外界からの刺激に強い皮膚を作るのにも役立ってくれます。皮膚炎にかかりにくい肌を作るためにも亜鉛を補給しましょう。